ユニットバス・洗面化粧台取り替え工事 神戸市須磨区

こんにちは

建築士 楢原 徹也(ならはらてつや)です。

今週はマンションユニットバスの取り替え工事をしました。

解体工事から完成までご紹介させて頂きます。

30年前のユニットバスの取り替えです。

昔のお風呂なので浴槽またぎ高さが高くご高齢の方にとっては

大変な動作になります。

この化粧台は幅90cm

今回取り替えさせていただきました。

順を追って写真を撮るつもりでしたが

あっという間に壁を解体してしまいました。

ここまでで40分ほどです。

後は床を撤去して解体はほぼ完了です。

ユニットバスが解体できると

給水管・給湯管・排水管を撤去移設しユニットバス組立てまでの下仕事はほぼ完了です。

新しいお風呂は

入口も広くなるので壁の一部を撤去します。

今回、分電盤も取り替えさせて頂くことになりました。

昔の分電盤には漏電遮断機が付いてない事が多いです

漏電遮断器

AC100-440V/60A/3極漏電遮断器 (フレーム100)

漏電遮断器

漏電遮断器とは、漏電が起きたときに、瞬時に電路を切ってくれる安全装置です。

 

さて

ユニットバスの組み立て工事です。

ユニットバスの組み立て工事はメーカー組み立て工事店さんに組立ててもらいます。

ユニットバスの組み立て工事が完了すると

入口周りの大工工事をして完了です。

では完成写真です。

入口またぎ高さも低くなり出入りがしやすくなりました。

この床は少し弾力性があり従来の床とは違い固さが軽減されています。

軟らかい床はTOTOだけではありません。

※マンションの場合ユニットバス入口をバリアフリーにできる事はほとんどありません

浴槽またぎ高さもかなり低くなりました。

浴槽も広くなり、1216サイズですがゆったり入って頂く事ができます。

今回浴室照明はLEDダウンライトなので天井もスッキリしています。

分電盤は

ふた付き分電盤なのでホコリも入りにくくなっています。

化粧台は

こんな感じです。

洗面ボールも広くボール横も広いので使いやすいと思います。

収納棚に網があるので濡れたままでも収納する事ができます。

今回の仕様

ユニットバス トクラス VITAR

洗面化粧台 トクラス エポック

分電盤 Panasonic

工事

解体 林・楢原

給排水工事 林・楢原

大工工事 林

電気工事 楢原

洗面化粧台取り付け 林・楢原

営業担当

ならはら住宅設備 社員一同

今回もお客様に大変喜んで頂けました。

 

 

カテゴリー: ユニットバスリフォーム, 分電盤取り換え工事, 化粧台取り換え工事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です